hiroxxxの激ヤバブログ

80'sオタクが日々のどうでもいい事に鋭くメスを入れるブログ

映画監督というものを意識したのは塚本晋也監督が初めだったのかもしれない。

さて6月。

予報では福岡も梅雨入りという事で、またも湿った空気の影響で、僕の前髪はチュルルンと音を立て、不自然な方向へと跳ね上がるのかもしれないし、跳ね上がらないのかもしれない日々を送っています。

 

そんなジメジメとした季節に、毎年思い出す映画があります。

塚本晋也監督の作品、「六月の蛇」です。

 

この映画は、2002年の作品なんですが、いまだ脳内にこびり付いていて、インパク値が非常に高い中毒性を持った映画なのです。

 

内容はWikipediaなどでググってもらえば、すぐ出てくると思うので、物語の大筋などはここでは控えさせて頂きます。

 

まず、塚本監督の描く作品の魅力から触れていきたいと思うのですが、この監督の作品は、世間という物に縛られた我々観る側を徐々に侵食するタガの外れた世界観、コンクリートジャングルと形容される都市、都会と、一見有機物、無機物と、正反対の様にも思える肉体の融合を映像の中に映し出す、それはまるで鏡の様な存在なのです。

 

そして塚本作品特有の狂気めいた強烈な描写…

 

この六月の蛇という映画も、どこか狂った世界観の中、話は進んでいくのだが、最後に待つものは癒しや回復、見つめ直す自分自身だったりもします。

 

初めて塚本晋也監督の作品を観たのは多感な中学時代に観た「鉄男」だったと記憶してます。

当時、まだ大衆映画ばかり観ていた僕にとっては、それが全てであり、"当たり前"の映画を大いに楽しみ、"当たり前"の作りをなぞった映画を追いかける事に何の疑いも持たない生活をしていました。

 

クラスメイトの一人が「この映画面白いよ」と差し出したVHSテープに録画されていたのが「鉄男」だった訳ですが、初めて観た時の印象は、観てはいけない物を観てしまった…

そんな背徳感を抱えてしまった記憶があります。

 

当時アンダーグラウンドが何かすら分からなかった僕にとっては、これまで築いてきた映画というものの先入観を、一本の、たった一本のビデオテープに覆されたのでありました。

 

それからというもの、僕は塚本作品を追いかける様になり、アタリもハズレも含めてインディペンデンスも大衆映画も含めて様々な映画を観る様になりました。

 

勿論、当時まだ塚本作品を語り合える様な人達は周りには少なかったです。

その事実が、僕の孤独感を募らせ、異端な物への興味をより一層強くしていくのでした。

 

しかし、状況はある時を境に変わります。

 

大人になり、野に放たれた僕はクラブミュージックにハマっていき、クラブという場所に足を運ぶ様になります。

そこにはなんと僕よりも熱心な塚本フリークが、何人もいたのです!

 

クラブという場所は音楽を通じて、多種多様な人種が集まる場所で、そこに集う者達は社会の地位やしがらみといった枠が取っ払われ、世にも奇妙で、面白い空間がそこにはありました。

 

社会から弾き出された者も、世間に馴染めない不適合者も、高名な医者さえも同じ空間で酒を飲んでます。

そんな場所に、同じような境遇や趣味を持った仲間が自然と集まり、そして繋がり…

 

塚本作品を語りあったり、そこからインスパイアされた他の作品を勧められたり、勧めたり。

 

といった学生時代の所謂"クラス""同年代"というカテゴリーだけで振り分けられ、同じ箱に押し込められていた様な時代では得る事が出来なかった刺激をもらう事が出来る場所としても有効に機能していました。

 

今では何も後ろめたいものも感じる事なく、塚本作品の事を語れるし、他の意見を聞ける環境が構築されているのは、とても素晴らしい事だと思います。

 

塚本作品は、とにかくひとりの人生観を変える程のパワーのある作品なのは間違いないです。

 

万人にはおすすめしませんが、好きな人は好き。それでいいんじゃないかな。

そんな作品を撮り続ける塚本晋也監督を、僕はこれからも追い続けていくのでしょう。

 

 

 

 

クラブのパーティータイム問題の考察

勝手に"問題"にしてるのもあれだけどw

僕なりのクラブイベントの時間帯に対する個人的な考察です。

 

10代のライブキッズに定評あるのは日曜午後のデイイベント、20代〜30代の層は比較的土曜などの週末の18時以降のイベントなどが好評な印象。

週末仕事終わりに夜の街に繰り出したいあのソワソワ感ともワクワク感とも言うやつがフィットしてる層でもあるのかも?

 

逆に30代以降はこれまた意外にもデイタイムを望んでる声もちらほら聞こえてくる。

これは一概に「体力が落ちた」とか、そういう問題ではなく、家庭を持って親になり子供の寝かしつけなんかで午後9時に寝ちゃうリズムになっちゃった人達なんかの層も結構いそうな印象。(現に俺がそうだった)

結局、質の良いPARTYを組んでても、どの時間帯でイベント組むかで狙った客層にヒットしない事もあるので、そういった考察は大事だなーと思ったりもする。

 

"どんなPARTYを、どの層に響かせたいのか?"

 

あとは、今の時代の空気感とかの変化もあってか、若い子のクラブってものに対する認識の仕方も変化していってるから、これは必然的にデイイベントのほうが色々やり易くなってる節もある。

必ずしも深夜じゃないとPARTYがやれない理由を探すほうが大変だったりもする。

 

Spotifyなどのストリーミングサービスの面白さ

Spotifyとかのストリーミングサービスが普及して、思うのはプレイリスト(選曲)が音楽を聴く上で如何に大切かってのが、よく分かった。僕の基本的なSpotifyの使い方は車内やウォーキング時の流し聞きなんだけど、お手軽に今の自分の置かれた状態にマッチするプレイリストを選べるのってとても面白い訳。その裏にはAIであれ人であれそれを選曲した人や関連性を持たせた次の曲へ飛ぶ機能が備わってたりするんだけど、これDJやってる人から見るとまた違った視点で見れて面白いよね。

人生を豊かにするものは満ち足りた日常

人はいつ死んでもおかしくないのだが、その"死ぬ"ときに後悔をするかしないかは、どれだけ自分の満足できるものを成してきたのか?で変わると思う。

勿論時間の許す限りやりたい事は、その時々で増減していくだろう。

ただ何も成してない…という感覚は福岡クラブシーンに携われたお陰で幸いなことに今のところは無い。

ただこれは、あくまで個人の視点であって、他人から見ると勿論意見は変わるはずである。

何故ならクラブシーンへの貢献度などというものはジャンルの細分化と同じで、かなりの細かいテリトリーがあるだろうし、"あの人が活躍してるステージ"というのは、ほんの僅かの、一握りの人しか居ない可能性もあるわけだから。

 

ただ、それでも良いのだ。

活動してきた本人が満ち足りているのだから、それで良い訳だ。

 

この話はネクストステージは?という問いへの回答ではなく、すべての人間が持つ人生のカウントダウンへのひとつの回答として記載しています。

 

 

音楽を作る

最近ファンクやソウルを聴いて「あぁ、懐かしい音だな…なんでこんな気持ちになるんだろう?」と思っていた。

 

それは多分、物心つき始めた頃とかに聴いていた久保田利伸とかマイケル・ジャクソンなんかのファンキーなリズムとかグルーヴィなベースとかが僕の中でいまだに残ってるからなんだろうなと思ったりして。

 

世間でも80年代回帰がムーブメントになってて、ちょうど僕の傾向もそれにハマってる実情があって、常々「音楽のムーブメントはぐるーっと一周回りますね!」的な事を知人とも話すのですが、そういった周期の中で、また新しい音楽がポツッポツっと芽生えていく感じが近年の流れなのかな?とも思いました。

 

誰もが思う事だろうけど、音楽というのはインプットとアウトプットの集合体であって、全くの"無"から突然発生するものではないと思っている。

 

どこかのアーティストが吐き出したものを咀嚼してルーツに持つ様になったアーティストの卵達が彼らの中で化学反応を起こして、また新しいものが生まれる。

 

時間は一方通行で進むから、時代が先に行けば行くほどに膨大な音楽が生まれて陽の目を浴びたり浴びなかったりして残されていく訳ですよね。

 

そんな中、面白い事に今の人達はまだ生まれてすらもなかった70年代から90年代の音楽にハマったりしてて、そういうSNS世代の人達が過去の膨大なライブラリの中に即座にアクセス出来る時代になっていて、そこから咀嚼したものをSNS世代の人達が新しくアップデートした音楽を発信したりしてるのが実に面白いと思った。

 

このPAELLAS(パエリアズ)ってバンドとかは、そういったものの一例だよね。

 

 

 

 

僕はDTMで音楽を作る事があるんだけど、まだまだ未熟で僕の求めてる物を創り上げる事がなかなか出来ないのが現状です。

音楽を作る時、どんな音や世界観を構築しようとしているのかというと、僕の内面、内の内の奥深くに潜っていく感じをイメージしてます。

それはどういう事か?というと、僕が物心ついた頃から聴きだした音楽が身に染み付いてて、それはたぶん切っても切れない訳。

そういうものが消化されての今があるんだろうけど、今はDJをやる機会に恵まれてか最新のダンスミュージックなんかも取り入れてる訳ですよね。

でも自分で作るとなると、人には言ってない様なルーツの部分を探す旅みたいな音楽を作りたくなる。

 

インターネットミュージック

 一億総ネット社会になってから様々なアーティストがより身近な所から発掘されスポットライトを浴びる時代になりました。

個人的に好みのアーティストって、比較的ニコニコ動画から発掘されていく人が多い印象なんだけども、実は僕ニコニコ動画をほぼ観てなくって、あの会員制とか有料とか細々したのが苦手なのであります。

YouTubeは良く観るんだけどね…。

お!このアーティスト良くね?って調べたらルーツはニコ動だった、なんて事もしばしば。

次世代のアーティストはもはやジャンルで縛ることさえ不要なくらい日本が得意とする"何かと何かを混ぜたらこんな味になりました"みたいなジャンルを作っちゃって刺激的な音楽をやってたりするので、気になるアーティストはついついチェックしてしまいますね。

昔だとネット黎明期にmuzieとかあって、そこにアップロードした楽曲を宣伝したりしてたんだけど、その後myspaceが台頭してきて、みんなそっちに移っちゃって。

でも、その頃のアーティストってビットレートまで気を配ってなかった人多いように思う。

128以下とかザラだったし。

それがiTunesとか色々出てくる頃には徐々に256〜320とか統一感出てきたなーって印象。

視聴用じゃなくてクラブで流しても耐えれる音質…ってのを求めるようになるとwavとかになっちゃうんだろうけど、これはサウンドシステムとの相性もあるから一概に全部をwavにする必要はあまり感じてないんだよね。個人の利用する範囲で決めればいいと思う。

あとインターネットミュージック社会になってから、気軽に音楽が手に入れられて管理ソフトも使い易くなったお陰で大量の音源を気軽に所有できる様になった訳だけど、視聴用ならともかくDJ目的の場合はインプットとアウトプットのバランスも大事だなと。

例えばDJやり始めの頃は、出演する機会が少ないからインプットのほうが多かったんだけど、出演回数が月に何本も増えてくるとアウトプットの連続でインプットする暇がなくなったりする。

結局インプットとアウトプットのバランスが取れてるくらいの身のこなしが出来てるくらいのほうが人間的にはちょうどいい感じではある。

忙しいのもいい事なんだけど。

 

【80's】KUNG FURY【SFカンフーアクション映画】

今日は2015年にクラウドファンディングで制作資金を募集して制作された「タンク・ユー!」の名台詞でもおなじみ?の、80年代テイストあふれるSFカンフーアクション映画「KUNG FURY」の紹介です!

 

あえて色褪せたVHSのようなノイズ混じりの映像で、80年代風のエッセンスを全編にちりばめ、SFやカンフーなど頭の悪そうな男の子が大好きなモノを全部ブチ込んだような作品ですwww

 

おおまかなストーリーは、雷に打たれコブラに噛まれたことで伝説のカンフーマスターになった警官のカン・フューリーが、相棒であるトリケラトプス頭の警官トリケラコプスや史上最高のハッカーであるハッカーマンらとともにタイムトラベルし、史上最強のカンフーマスターであるアドルフ・ヒトラーが率いるナチスと戦うっていう超B級臭しか漂わない内容。

 

 

80年代を代表するTVシリーズ『ナイトライダー』でおなじみのデビッド・ハッセルホフが主題歌を歌ってますwww

続編も制作が進行してるそうなので鑑賞がまだの方は今のうちにチェックしてみてはいかがでしょうか?